気づきにくい症状には? | 辛い不眠症の方は、睡眠薬を通販で購入しましょう
menu

気づきにくい症状には?

黄色いカプセルの入ったパッケージ

不眠症の定義は、週に2回以上満足できない睡眠状態の日があり、それが1ヶ月以上継続していることです。
こう聞くと、結構多くの方が不眠症にあてはまるような気がします。
ですが実際には不眠症の治療で病院にいったり、改善のために通販で睡眠薬を注文する人は限られています。
それがどうしてかというと、不眠症にはそうだと気付かないような分かりにくい症状があるからなのです。
このページではそんな、不眠症なのにそうと分かりにくい症状についてお話していきます。
一見健康そうに見えて、実は不健康という方がいます。満足に睡眠を取れているように見えて、実は不眠という人も……。
そんな方に多いのが「眠った」という感覚があるけれどじつは「眠りがあさい、もしくは少ない」ということ。
早朝覚醒は、眠る時間が夜遅くでも早朝に目覚めてしまうという症状です。
一般的には不眠症というと眠れなくなるという印象をうけますが、ちゃんと眠る事ができてもその可能性があるのです。
とくに早朝覚醒は、一見とても健康そうに思えます。しかし眠る時間が極端に短くなってしまう場合、それは不眠症であるといえます。
またかなり分かりにくいのが熟眠障害です。
これは眠る事は眠れているが、熟睡はできていないという状態。
つまり浅い眠りがずっと続き、起きてもかなり疲労感が残っているという状態です。
この熟眠障害の恐ろしいのは、不眠症であるとかなり気づきにくくよく眠れていると思ってしまいがちなところです。
熟眠障害と早朝覚醒の方にはメラトニンやタガラといった睡眠薬を通販で購入し、飲んで頂きたく思います。